飛行機での旅行では、電子機器のトラブルを避けたいものです。飛行機で旅行する際の電子機器の梱包方法についてのブログ記事をお読みください。飛行機に乗る前に予防策を講じる

フライト中の電子機器の安全・安心を確保するために、次のような行動をとってください:

空港のセキュリティ規則や航空会社の荷物規定で、許可された電子機器について調べてください。

すべての空港で同じ電子機器の持ち込みが許可されているわけではないので、何が許可され、何が許可されないかを確認することが重要です。

電子機器やガジェット類は、機内持ち込み手荷物に入れましょう。

まず、電子機器の説明書を読んで、梱包の仕方をよく理解しましょう。

ほとんどの人は、飛行機に乗るときに電子ガジェットをチェックすることはないと思います。

電子機器の梱包は、機内持ち込み手荷物にするのが最も安全です。 仮に電子機器をチェックすると、紛失や破損のリスクが高まります。 カメラのような高価なものを紛失したり破損した場合、旅行中に交換することが難しいため、本当に困ることになります。

だから、電子機器は機内持ち込み手荷物に入れるなどして保護しましょう。

電子機器類は、ハードタイプのキャリングケースや保護スリーブに入れてください。

電子機器はすべてコンセントを抜いてからバッグに入れましょう。

電子機器を梱包する際には、ハードキャリングケースや保護スリーブを使用する必要があります。 ケースの真ん中に電化製品を置いて、分けて収納します。 ノートパソコンはもちろん、スマートフォンなどもそのコンパートメントに入れるようにしましょう。

複数の電子機器を持って旅行する場合は、同じケースの中でそれぞれの電子機器をコンパートメントに入れておくのがベストです。 これにより、各アイテムに素早くアクセスできるようになり、旅行中の破損を防ぐことができます。

いつでもアクセスできる場所にデバイスを保管しておけば、セキュリティチェックのたびにデバイスを開梱したり梱包したりする必要がありません。

飛行機で旅行するときの電子機器の梱包方法について

ケーブルの取り扱いについて

コードやケーブル、充電器、コネクターなどを持参する場合は、一か所にまとめておきましょう。

  • ラベルを貼るのは、安全のために良いアイデアです。
  • ここでは、ケーブルにラベルを貼る方法を紹介します:
  • カラーテープやタグ、小さな結束バンドなどを使って、各コードの目印にします。
  • ペンやマーカーで、コードの名前を書いておきます。
  • ラベルメーカーでコードの名前を書いておく。 空港やコンベンションセンターなど、電子機器を持って移動する人が多い場所では、コストがかかりますが、プロ仕様のラベルを作成することができます。

 

ケーブルのラベリングには、小型のケーブルタイ(別名:ジップタイ)を使用するのが最適です。 貼ってから時間が経ってから剥がすとテープのように跡が残ることもなく、機内持ち込みの荷物の中で簡単に移動させることができます。 ただし、輪ゴムで代用するのがお好みであれば、それも結構です!

必要な電子機器だけを持参する。

旅行中にそのアイテムを使う予定がない場合は、使わないものを持参しないこと。 家に置いておくか、到着してから買うか。

余分な荷物を持たないようにする。 旅行には必要な電子機器だけを持参することが大切です。 家を出る前にデバイスを管理するための旅行中の計画を立て、それを念頭に置いて荷造りするようにしましょう。

多くの機器をお持ちの場合、複数の充電器を持ち運ぶことはできませんが、バッグや荷物の中にそれぞれの充電器のスペースを確保することで、移動中に充電器同士が絡まって使えなくなることを防ぐことができます。

また、航空会社によっては、安全上の問題からバッテリーの機内持ち込みを禁止しているところもあるようです。

可能であれば、複数のアイテムを同時に接続できる電源タップなど、追加の電源を持参することを検討してください(可能であれば)。

飛行中はリチウム電池の使用は避けてください。

電子機器を持っていく場合は、リチウム電池を外すことを忘れないようにしましょう。 しかし、ほとんどの航空会社では、ノートパソコンやタブレット端末など、電池を内蔵した機器を機内持ち込みできるため、ほとんどの旅行者にとって問題にはならないでしょう。

離着陸時に電子機器の電源を入れたままにすることができないフライトの場合(最近増えています)、搭乗前にノートパソコンの梱包を解き、着陸後すぐに使えるようにしておきましょう。

まとめ

最後に、飛行機で旅行する際に電子機器を梱包する際には、機器を安全に保管するために十分な配慮が必要です。

空港や航空会社のガイドラインに従い、電子機器をアクセスしやすい別のバッグに入れることで、セキュリティ検査のプロセスを早め、機器の破損を防ぐことができます。

さらに、保護ケースやカバーに投資したり、出発前にデータのバックアップを取ったりすることで、より一層の保護が可能になります。

これらのステップを踏むことで、電子機器がしっかりと保護され、サイバーセキュリティが維持されていることを認識し、自信を持って旅行することができます。